靴の対策も忘れずに

 

 

 

靴のニオイ、特にこの時期はブーツのニオイが気になる、なんて人が多いのではないかと思います。
家族が多くて所持数が多い場合は、下駄箱を開けると毎日いやなニオイに悩まさえることもあるでしょう。梅雨の日の湿度や温度の高い日は自分たちだけでなく、来客者の気分を損ねてしまうこともあるほど、深刻な問題になります。ここではそこから出る「ニオイ」とその対策について考えましょう。

 

 
ブーツなどは、湿ったままそのまま放置しておくと、次に使うときも蒸れた状態で履くことになります。いっぱい入っている下駄箱は湿気だらけです。カビが発生するのに良い条件です。汗の蒸れた「ニオイ」は脂肪酸の「ニオイ」なので、酸性に効くものが効果的です。原因になっている「ニオイ」を元から消臭しましょう。

 

 
それでは消臭の仕方を紹介します。用意するのは 新聞紙、消臭剤(お茶やコーヒーなど)、掃除などで最近よく使う重曹です。
まず下駄箱から入っているものを出し、風を通します。毎日使うものですから換気が大切です。次に新聞紙を敷いて湿気防止をします。さらにスニーカーなどは洗います。そして乾かしたあと、緑茶の使用済みの茶殻やコーヒーをティーパックなどに入れ、中に入れておきます。重曹を置いても効果があります。履かない古いものは処分します。これがとても重要なのですが、天気の良い日には、下駄箱を開けて空気が入るよう換気をし、乾かすようにします。
このように扱えば、ニオイも気にならなくなります。お試し下さい。”