なぜ足は臭くなるのか

 

 

暑い季節には特に気になる足汗ですが、最近では冬でもブーツ着用することによって年中悩まされるようになってきた方も多いのではないでしょうか。汗によってべたべたすることにとどまらず、臭いが気になるという方もいらっしゃるでしょう。

 

 

しかし、そもそも汗自体は無臭であることをご存知でしょうか。ではなぜ臭うかというと、汗をかくことによって細菌などが繁殖し、それらが汗に含まれる皮脂を分解する際にアンモニアなどの成分を放出してしまうため、それらが悪臭の原因となってしまうのです。寒いからといって厚手の靴下をはいたりして靴の中は高温多湿になることが多く、それが細菌にとってはとても生きやすい環境になるので、それに伴い臭いの量も増えていってしまいます。

 

 

よって、あなたの汗自体は無臭なので、その原因を断つことによって臭いは気にならなくなる可能性が高いでしょう。対策としては、そもそも汗をかかなければ臭わなくはなりますが、それは生理現象であるためどうすることもできません。できることとしては、かいてしまう汗をしっかり吸収するような素材の靴下、靴を着用する、一日履いた靴を続けて着用しない、できるだけ清潔にするなどが考えられるでしょう。原因がわかればむやみに悩む必要もありません。それに応じた対策をして快適に過ごしましょう。